しっぽからわかるネコの愛情表現✨

私の愛猫もそうですが、ネコが感情を表現するには鳴く、鳴らす、しぐさなど様々な方法があります。その中でもシッポの動きもネコちゃんにとって大切なコミュニケーションツールなのです💡

自分の愛猫の気持ちが知りたいと思ったら、シッポによるネコの感情表現もわかってあげるといいですね✨

ネコのシッポはそれ自体がまるで別の生き物のように動きます。もともとシッポの大事な役目のひとつは、体のバランスをとることで、ジャンプするときや高いところからの着地のとき、塀の上などを走るときもそのバランス取りをしてくれます(((uдu*)🎶

🐈ネコの感情表現(シッポ編)🐈

①シッポを上にピンと立てる
シッポをピンと立てているときは、お出迎えや甘えたいとき、「好きだよ!!」とう感情表現をしてくれているときです。私のネコちゃんは家に帰ってきたときにシッポを立てて出迎えてくれます✨

「お帰り」と歓迎している証拠!寂しかったのでしょうか??待っていてくれたのですね(^o^)

②しっぽをU字に曲げて振っている

ネコが遊んで欲しいという時にこのようなシッポの振りかたをします。他にも、目の前で「ゴロンと寝転がってお腹を見せる仕草や、オモチャをくわえて持ってくる時も、あなたに遊んでほしいときの仕草ですね☆彡

ただ知らない相手や仲間だと思っていない相手に威嚇するときもこのような振り方をします。威嚇をしているときはこの振り方と同時にシャーーーー!!っと鳴くので、違いは分かりやすいですね(((uдu*)

③左右にバタン、バタンと振っている
イライラしている時に左右にシッポを振ります。そんな時は、あまりかまったりしないで、放っておいてあげてください。

無理に構おうとすると逆効果になってしまい、シッポをバタバタさせるスピードが早くなっていきます(-_-;)
ただゆっくりとしっぽを振っている時は、別に機嫌が悪くなっているという訳ではないです。嬉しいときはゆったりと動くので、注意深く観察しましょうね☆彡

④しっぽを股の間に巻き込み、折りたたんでいる
恐怖を感じているときにシッポを折りたたみます。「勝てない相手に自分を小さく見せようとしている」ネコの意思表示だと言われています。ケンカの時などもこのシッポの状態になると負けを認めて降参しているときです!!✨

シッポだけでなく同時に耳を伏せて、腰も引けた状態になります。ネコが、このようなポーズをとった時は、すごく怖い思いをしているときなので気を付けてあげましょうね(((uдu*)💡

このほかにもシッポを使ったネコの感情表現はありますが、常日頃からネコを観察しているとシッポの動きだけでなく、様々なネコの動きからネコの感情を察してあげることができるようになるかもしれませんね☆彡(^o^)

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)