知らないと悲惨なことに・・・猫がパニックに陥った時の対処法まとめ

ネコは基本的には臆病で怖がりな動物です。ですが日頃生活している中で、ネコがパニックになりやすい状況というのは意外にも溢れています💦そういった中、ではネコがどのようなものがきっかけでパニックになってしまうのか少し紹介したいと思います💡

🐈パニックになる主な状況🐈

①レジ袋がネコちゃんの体や頭にひっかかってしまう 
スーパーでもらうレジ袋はカサカサと音が出て、ネコの好奇心を揺さぶります。なのでネコは袋の中に入ってよく遊ぼうとします。

結果、出るときに袋の持ち手がひっかかって取れなくなり大慌てとなり、走り回って外そうとします💦特にレジ袋はカサカサ~と音が出るので興奮してパニックになってしまう事が多いです(;´Д`)

②首輪がひっかかってしまう
よく飼い猫に首輪をされている飼い主さんがいらっしゃいますが、時にはそれがネコを苦しめてしまうことがあります。狭いところにもぐり込んだり出ようとしたときに、首輪がひっかかり動きがとれなくなってパニックに陥り、ひどいときには中吊りになってしまうこともあります💦

また、自分で首輪を外そうとして、首輪が口に食い込んでしまい、猿ぐつわのような状態になり大暴れをしてしまうこともありますし、後ろ足の爪がひっかかって身動きがとれなくなることも…😢

③工事現場の音・花火の音に驚いて
すぐ近くで始まった工事現場の騒音だったり、花火大会があり、その音に驚いてパニックになってしまう場合があります。これらは飼い主がどんなに注意をしていても防ぎようがありませんが、その対処を知っているのと知らないのとでは大きく差が出てきてしまいます。

上記のようにネコがパニックになったときは、なだめたり、抱き上げるのは逆効果です。何かの隙間などに隠れているときは、ネコ自身が安全だと思う場所に隠れているので引っ張り出して抱き上げたりしないようにしましょう✨

人間からすると抱き上げてなだめてあげたい衝動に駆られますがパニックのときのネコにとっては、それはNGです💦せっかく築き上げた関係が崩れる恐れもありますので、そっとしてあげることが大切です(((uдu*)

何かが絡まった状態の場合は追い掛け回したりはせずに、ネコの頭からバスタオルなどをかぶせるのをおすすめします💡そして、一瞬止まったところを捕まえて、できるだけ速やかに取り除いてやりましょう。

ヒモなど切る必要がある場合は、先が丸いハサミを使って切りましょう!ネコが急に動く可能性もありますので、細心の注意を払って切るようにしましょう(((uдu*)✨

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)