老猫を飼う上で必ず見ておきたい記事まとめ【震撼】

今やネコも人と同様に平均寿命が延びて長生きのできる時代です。

ネコは人と比べて老いるまでが早く、そういった中で老猫との暮らしを考えないわけにはいきません💡

老猫なんて関係ない、と思っていても気づけばお家のネコも老猫になっていきます。見た目にはわかりにくいですが、少しずつ変化はしているのです

🐈老化現象🐈

ネコの老化現象としては視力・聴力が低下があります聴力が低下したために声が大きくなることもあるようです。筋肉が衰えてくるため運動量が減ってしまい、睡眠時間が長くなるなどがあげられます💦

これは7歳を過ぎてきたら必ずこうなるというものではなく、全くそのような老化現象など感じられないネコもたくさんいます。

ただ確実に老いは進んでいることには変わりはないので、最低でも一年に一度は健康診断を受けるなどして、常にケアをしていくように心がけていきましょう💡

老猫になってもやっぱり普段から生活している空間(縄張り)にいるときが一番安心して暮らすことができます。

🐈ストレスの影響🐈

ネコにとって環境が変わってしまうことはとてもストレスで、そのこだわりは人と同様に歳重ねれば重ねるほど強くなります(((uдu*)ゥンゥン

強いストレスはネコの体の免疫力を弱めていってしまいます。ストレスから病気を発症してしまうこともあるので、老猫になってもいつもと変わらない生活をさせてあげるように、やさしい飼い主の注意が何よりもネコにとっての薬です✨

ネコは1歳を過ぎたころからは、あまり外見に変化が見られません。

ただ歳をとると、一部変化してくる部分もでてきます。それが白髪です。一番目立つのが目や口の周りで、10歳を過ぎたころから白い毛が見え隠れしはじめます💡

白い猫ちゃんや顔周りが白いネコは、その変化は見て取れませんが色が濃い毛のネコは一目瞭然です。また顔やヒゲ以外にも全体的に毛の色が薄くなっていきます☆彡

知り合いのネコですがパッと見が黒っぽかったのに全体的に茶色になり、ヒゲは黒かったのに白ヒゲが入るようになりました✨

白いヒゲを発見したときは、老いたぁ~とちょっと悲しい気持ちになったのを覚えていますね…(笑)🐈

みなさんもしっかりケアしてあげて大切な思い出を作っていきましょう☆彡

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)