キャットフードに含まれている農薬。農薬が及ぼす重大な影響や事実を徹底的に解説します。

普段何気なくネコにあげているキャットフードに実は農薬が含まれている可能性があることをご存知ですか???

栄養バランスがとれていて、ぴったりだと信じて購入していても、

農薬が含まれていれば病気の原因になりかねません💦

🐈農薬の成分🐈


キャットフードのパッケージの成分表には様々な原材料が記載されています。

その原材料になる食物を育てる過程で、農薬が使用されていることがあるんです💡

原材料に農薬が残っていれば結果的に愛猫の体内に農薬が入ってしまいます。

代表的な農薬の成分として「クロルピリホスメチル」「ピリミホスメチル」「マラチオン」「メタミドホス」「グリホサート」の5種が挙げられます🐈

また「ポストハーベスト農薬」という輸入時の燻蒸も原材料に農薬が含まれてしまう原因のひとつです。

長距離・長時間の輸送を行う際にキャットフードの腐敗防止のために薬剤をガス化してかけているものです💡

🐈農薬による症状🐈


基本的にキャットフードに含まれる農薬は「有機リン系の殺虫剤」です。

ネコが口にすると「倦怠感」「視力減退」「腹痛」「けいれん」などの症状を引き起こしてしまいます💦

特に「メタミドホス」は、2008年に日本で起きた「毒冷凍ギョウザ事件」で検出された農薬と同様のものです。

これを多量に摂取するとネコの場合も同様に中毒症状を引き起こしてしまい、最悪死に至ります( ノД`)

また燻蒸に使われるポストハーベスト農薬は、発がん性や変異原性があるとされています。

良質なキャットフードに変えることで症状が緩和・改善されることがほとんどですので、

症状が出てきた場合はキャットフードを変えることから始めましょう!!

大切な愛猫を病気から守るためには、キャットフードの原材料にまで注意してあげましょう!!

またペットフード安全法で定める「原産国」は原材料の産地ではなく、最終加工地を示すものです💡

ですので例え国産と表記されているものでも、

原材料は残留農薬で検挙にいとまがない中国産という可能性もあります💦

中国産だから全て危険というわけではありませんが、

やはり信頼できるメーカーが販売しているキャットフードを使用することをオススメします✨

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)