知っておこう💡愛猫に与えられる薬と使い方✨

いつも愛猫がお世話になっている動物病院✨そこで投与されている薬について気になったことはありませんか??薬の種類や飲ませ方などやっぱり飼い主さんとしては気になるところですよね💨

 

🐈動物専用の薬🐈


ネコなどの動物に与えられる専用の薬はどんなものか??一般的には虫下し類は専用のものを使用することが多いです💡そういった薬も用途別に分かれており、条虫がいるネコに回虫の虫下しを飲ませても全く効きません💨

最近はいろいろな症状に対応している薬があるとのことですが、逆に言うと回虫と鉤虫に効く薬に条虫に効く薬を足しただけといったものばかりなので、余計な薬まで入ってしまいます💦

またそれに応じて値段も多少割高になってしまい、同じ体重でも回虫だけでOKのはずなのに、1000円になってしまったり2000円になってしまったりしまったりと価格が上がってしまいます💧

 

🐈薬の与え方・コツ🐈


動物病院でも家庭で行うのと同じように、処方されていることがあります。実際に処方の方法についてみていきましょう。

①粉薬の溶き方
薬専用の注射器の先に粉薬だけを入れます、その後、注射器の先端から水を入れ、注射器の中で溶がすようにします💥専用の注射器は通常は薬と一緒についてきますが、ない場合は獣医さんに欲しいと頼みましょう💡

②液剤の飲ませ方
ネコちゃんの口の横を引っ張り、そこから薬を注入します。 薬を一気に飲ませようとすると液が口からこぼれますので、何回かに分けるようにしましょう💨

③錠剤の飲ませ方
ネコちゃんの口の横から、上顎と下顎の骨の間に指を入れて、口が閉じれないようにした状態で薬を飲ませます✨このときなるべく喉の奥に薬を入れるように意識しましょう💥

④点眼液の点し方
ネコちゃんの目の横の皮膚を引っ張り、白目の部分が見える状態にします。ネコちゃんから見えないように、白目の部分に点眼をします💨点眼液を点したら、目の下の皮膚を引っ張り、点眼液を眼球全体に広げるようにしましょう💡

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)