【驚愕】麻酔の効果は?飼い主必見!絶対チェックすべき麻酔の注意点まとめ

自分の大切な愛猫に麻酔を打たせたくない・・・などと考えている飼い主さんも多いのではないでしょうか??

しかし、実際のところはネコの手術に麻酔は欠かせません💨

ネコに打たれる麻酔の種類や内容をしっかり知っておき、麻酔のメリット・デメリットを見ていきましょう💥

🐈局所麻酔🐈


局所麻酔とは、麻酔をかけたい部分を囲うように注射していく麻酔の打ち方です。

◇メリット
・全身麻酔に比較すれば危険性が少ない。
・絶食などの前処置が必要ない。
・術後に自力で歩行が可能。
・費用が比較的安価。

◇デメリット
・注射がものすごく痛い。
・暴れるのを制止することができない。

🐈全身麻酔🐈

全身麻酔とは体全体に麻酔の影響が及ぶ打ち方です。これには注射麻酔と吸入麻酔の2種類があります💡

①注射麻酔
注射だけによって麻酔を行う方法です。ある一定の量を注射すると一定時間麻酔がかかります。

麻酔が浅くなったらその都度追加の注射をします💡

麻酔の効き具合は個体によって様々なので、効きすぎて呼吸が止まってしまうネコもいれば、

まったく効かずに処置できないネコもいます💨

◇メリット
・大がかりな麻酔装置を必要としない。
・どこでも処置することが可能。
・比較的コストが安価。

◇デメリット
・処置途中で覚めたりする。
・追加で打つ駐車の量の判断が難しい。
・覚醒に時間をある程度要する。

②吸入麻酔
麻酔性ガスを吸わせて麻酔をかける方法です。

人と違って動物はつけてくれませんので超短時間型の注射麻酔も使用されます💡

吸入麻酔は随時調節可能で、効果が足りなければダイヤルの目盛りを上げ、

効きすぎていたら下げる事ができます。麻酔の濃度をコントロールできるので安全性は比較的高いとされています✨

◇メリット
・麻酔の深度と時間調節が自在。
・覚醒が比較的早い。

◇デメリット
・コストが高い。
・麻酔薬の価格も高価。
・排気の管理が必要。

さまざまな方法がありますが、ネコの手術に麻酔は欠かせません💨

飼い主さんにできることは、普段から愛猫の様子や体調をよく観察し、

可能な限り獣医師に報告することです。また不安があれば、都度獣医師に相談するようにしましょう💥

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)