知らないヒトは絶対損してる! 飼い主必見『猫の首輪』の選び方

自分の飼い猫には首輪を付けているよ!!

って人はたくさんいらっしゃると思います💡

基本的にずっと着けているものなので気に入ったものを選びたいですよね。

性格や毛並みなど、首輪を選ぶ際に気を付けるべきのポイントをチェックしていきましょう✨

🐈室内・室外🐈

①室内飼い

室内飼いのネコは室外でのネコに比べて安全な環境で暮らしていると言えます✨

そのため外に出かけるネコと違い、ファッション性や飼い主の趣向で

自由に首輪を選んでもあまり問題はないと思います💡

②放し飼い
外に出かけるネコにとって、首輪は時に命取りになる場合があります💦

木に登るときに、首輪が引っかかってしまうという

事故につがるようなケースが特に多いです💡

運良く首が抜けるか、首輪がはずれてくれれば良いのですが、

自力で脱出することができないと最悪の場合、死に至る危険性もあります。

安全性の観点から、力がかかると外れるタイプの首輪を選んであげましょう( ノД`)

🐈短毛種・長毛種🐈


①短毛種のネコ
短毛種のネコに首輪をつける際、サイズが合っていないと、

その部分が禿げたり毛が分かれてしまったりします。

ネコの首輪は、首周りに指二本程度のゆるみを持たせるのが

適当なサイズと言われています💡

成長にしたがって首周りも変わりますし、

太ってしまったときにもサイズは変わってきますので、

猫とじゃれあうときには首輪のフィット具合もチェックしてあげるとベターですね✨

②長毛種のネコ

長毛種は首輪によって毛がもつれることが原因で

被毛が毛玉になってしまうことがあります💦

これを防ぐために、まめに首周辺をブラッシングするようにしましょう💡

また、細めの首輪を選ぶことで摩擦が減り、被毛が絡みにくくなります✨

🐈神経質な性格・臆病な性格🐈


①神経質なネコ
迷子防止のタグや鈴がついた首輪もありますが、

神経質なネコはこれを嫌う傾向があります。

食事のときに食器にカチカチ当たることや、

動く度に音が鳴ることでストレスが溜まってしまいますので、

チャーム部分の長さを調整するか、室内飼いのであれば嫌がるときは外してあげましょう💡

②臆病なネコ
臆病なネコはちょっとしたことで驚いて駆けだしてしまうこともあるので、ハーネスがオススメですよ。

猫の首輪は外れやすく作られた物が多いため、制止するのに適しません💦

ハーネスなら体をしっかりホールドしてくれるので安心です。

紐で出来たものや、ベスト型も市販されています☆彡

首輪はネコの種類や性格などから、できるだけネコのストレスにならないものを選んであげましょう✨

どういう首輪が合っているかは、つけてみないとわからないものですから、

色々試してみてピッタリ合う首輪をつけてみるといいと思いますよ♡

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)