猫が痙攣やひきつけを起こしてしまった!!具体的な対処法と気を付けるべきポイントを徹底的に解説。

自分のネコが痙攣を起こし、白目をむいたりして苦しんでいる…!!

なんて場面に遭遇したらとても心配になると思います💨

ネコが痙攣・ひきつけを起こす原因は様々ですが、時には病気が隠れていることもあります💦

🐈原因🐈


ネコが痙攣やひきつけを起こすときは、大きく分けて一時的な原因の場合と病気の場合の2つです💡

一時的な原因であげられるのは、寒さによる体温の低下、骨折や出血、

食べてはいけないものを食べたなどといった外的要因が主です💨

また病気が原因の場合は、脳炎、低血糖症、腎臓病など重大な病気から来る場合が多く、

注意する必要があります💥

🐈兆候🐈


ネコが痙攣やひきつけを起こす前の兆候として、おしっこができず漏らしてしまう、

おでこやほほあたりをヒクヒクさせていたり、口をパクパクするなどの兆候が見られます💨

これらの兆候が見られ、症状が治まらない場合は念のため病院へ連れて行くようにしましょう💧

🐈対処法🐈


痙攣やひきつけがおきた際には毛布やブランケットをネコにかけてあげ、

静かな場所で安静にさせるようにしましょう。

しばらくしても収まらない場合はすぐに動物病院に連れて行きましょう💦

よくあるのが食べてはいけないものを食べたときの痙攣・ひきつけです。

人の食べ物をむやみに与えず、ネコの手がとどかないところに常日頃から保管しておきましょう💨

ときたまネコが寝ているとき、痙攣しているように見えることがあります💡

これは人と同じように起きているときの記憶が夢に出てきて起こることが

主な理由なので基本的に病気の心配はありません。

そのまま寝かせてあげるようにしましょうね✨

ネコの痙攣・ひきつけには様々な原因により引き起こされます💨

正確な原因特定を行うためにも、辛くはありますがネコが痙攣しているときの様子を

落ち着いて観察し、動物病院でしっかりと伝えられるように準備しておきましょう💥

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)