回虫で愛猫が苦しんでいる。対策を抑えて、助けてもいいじゃないか。

ネコを初めて飼うといった方には馴染みがあまりないかもしれませんが、

ネコには回虫という寄生虫がつきます。

とはいってもこの回虫は一般的で、飼い猫が感染していても不思議ではありません💡

野良のネコの場合は、ほぼまちがいなく寄生されています。

回虫に関する知識をあらかじめ身につけておいて、しっかり対応できるようにしましょう💨

🐈回虫とは🐈


ネコに規制する回虫は4~12cm程度で、白もしくは黄白色の細長いヒモ状の形をしています。

回虫の幼虫はネコのほぼ全身の組織に存在しており、

成虫は小腸などのに寄生してネコが食べた餌などから、栄養を奪っていきます💦

寄生したネコの排泄物には卵が含まれており、

放置しておくとその卵の中に幼虫が形成されてしまい、

他のネコなどへの感染力を持つようになります💧

🐈感染🐈


主な感染経路に「猫回虫の卵を食べる」「すでに寄生されている動物を食べる」などといったことがあります💨

回虫は非常に抵抗力が強いため、土の中などでも生存し続けて感染の機会を待っています。

また回虫の卵は地面や水たまりなどに落ちています。

ネコが外で水を呑んだり、外で知らないうちに拾って、卵を食べてしまうこともあります💧

そして回虫は人にも感染します。

感染ルートもほとんど同じで、人の場合は幼児への感染例が多いです。

子供のいる方は注意しましょう💡

🐈症状🐈


•下痢を引き起こす
•食事量に比べて痩せている
•被毛の艶がなくなってしまう
•腹部が異様に腫れる
•嘔吐、咳がでる

主な症状として上記のものが挙げられます。

成猫の場合は感染しても症状が出ないことがありますが、

子猫の場合は重症化してしまうので注意が必要です💨

一度寄生すると基本的に回虫は規制し続けるので

症状を放置していても自然治癒は見込めません。

早めに動物病院に連れて行くようにしましょう💡

普段から定期検診を受けるなどして予防をするようにし、

飼い主さんも外から帰宅したら必ず手洗いうがいを行うことが大切です💨

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)