室内で猫を飼う飼い主必見!!事故になる前に知ってほしい、室内飼いに関する3つの注意点とは??

人にとっては安全で快適な環境であってとしても、ネコちゃんにとっては危険になりうるということがあります💨マンションの場合だとベランダから転落の可能性もあり、誤飲や火傷などでネコが損傷してしまうケースもあります💧

家庭でどのような事故が起こりうるのか、予め知っておいて、しっかり安全対策を取るようにしましょう✨

🐈転落事故🐈


ネコは平気でいろいろなものを飛び降りたりしますが、おおよそ2.5mの高さが怪我せずに着地できる限界値です💡

そのためのアパートやマンションの2階以上のベランダから転落した場合、怪我を負ってしまうケースが比較的多いです💧

転落事故の場合、軽傷だと下顎に打撲を負う程度ですが、 重傷だと全身打撲だったり肝臓の破裂、骨折などといった重大な損傷を負います💥

🐈重量物に注意🐈


基本的にネコは高い所が好きですが、最近では子猫が棚の上に乗っていたキーボードと共に落下して頭をケガしたりなど、落下物でケガをすることなどが多いみたいです💨

別の例ではネコがキッチンで遊んでいてフライパンとともに落下、やはり頭部を負傷したそうです。はしゃぐことの多い成長期のネコちゃんがいる場合は、重量物は高いところに置かないようにしましょう💡

特に子猫の頭骨は柔らかいため、打ち所が悪いと最悪の場合死に至ることもあります💦

🐈中毒・誤飲に注意🐈

また案外多いのが有毒な観葉植物を食べてしまうことです💨かすみ草など、よく見かける植物の中には有毒な成分が含まれています。猫草など葉っぱが好きなネコもいるので、口の届く範囲に植物は置かないようにしましょう💦

液体などの異物を踏んだ場合、ネコはキレイに脚の裏を舐めとる習性があります💨
例えばストーブの給油時にこぼれた灯油をネコが踏んでしまい、灯油で汚れた足を舐めて中毒になる場合もよくあります。何かこぼしてしまったらきちんと掃除するように心がけましょう

外出先だけでなく家庭での事故によってネコがケガをしたり中毒症状を起こすケースも少なくありません。ネコにとって安全な環境かどうか、もう一度チェックしてみるのもいいかもしれませんね💥

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)