初心者必見!一般には知られていないペット保険の選び方まとめ

近年、動物医療の発展とともにペット保険を取扱う会社も増えてきています💡

ペットも長生きする時代になった一方で、長生きだからこそ生じる

老化に伴う病気などによって医療費がかさむということも少なくありません💦

またひとえにペット保険と言ってもペット保険会社は大きく分けて2種類あります💨

どちらの種類が自分たちに遭っているかしっかり把握した上でペット保険に入りましょうね✨

🐈2種類の保険会社🐈


ペット保険における保険会社の種類は、損害保険会社と少額短期保険会社にわけられます💡

この2つの大きな違いとして、「最低資本金」「取扱の保険商品や事業規模の制約」「保険契約者保護機構」があります💥

🐈3つの大きな違い🐈


損害保険会社の最低資本金は10億円ですが、少額短期保険会社は最低1,000万円から設立をすることが可能です💡

また少額短期保険会社は取扱いができる保険商品や事業規模に制約が設けられていますが、

損害保険会社にはそういった制約が特にありません💥

損害保険会社には「保険契約者保護機構」という団体への加入が義務付けられていますが、

万が一経営破綻しても、契約者への保険金は保証されます💨

🐈保険会社の破綻🐈


保険会社が破綻する場合、主に2つの原因が挙げられます。

保険料の運用失敗の他に1回の事故などで巨額の支払いが

生じるような契約を引き受けることになった場合です💡

少額短期保険会社の場合は損害保険契約者機構の対象外となっているため、

保険会社が経営破綻してしまうと利用者の契約が途絶えてしまいます💦

しかし少額短期保険会社が破綻しないために4つの規制措置が金融庁によって講じられています。

そのため業務範囲を最小限に抑えることで経営を安定させ、契約者への保護などがなされているのです💨

ペット保険は、人の保険と比べるとまだ制度が整っていない部分があるため、

今後の法整備が期待されるところです💧ペット保険に加入する場合は、

様々なペット保険会社を調べ、慎重に選ぶよう心がけておきましょう💡

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)