知らない飼い主さんは損しているなあと思う、動物病院での入院について

人にとってもネコにとっても入院はあまりしたくないものですよね💡特にネコの場合だと、入院は、住み慣れた家と飼い主さんの両方から離されることになり、とっても不安だと思います✨

実際に自分の愛猫が動物病院に入院するとどんな環境に置かれるのかを知っておくようにしましょう💨

🐈入院が必要なとき🐈

①経過観察のため
全身麻酔の後などが主で、短時間の麻酔ならば必要ないですが、メスの避妊手術の場合だと、麻酔後の神経症状などに備え、入院して経過を観察することが多いです✨

②通院だけでは不可能な処置
点滴や酸素吸入など通院ではできない場合も入院することがあります💨様態が悪く、いつどうなるか判らないという状態のネコがこういった理由で入院をします💡

③飼い主さんの都合
場合によっては飼い主さんの都合による入院というケースもあります。何度も通院ができない場合ときなど、ある種のペットホテルに似ているのかもしれませんね💨

🐈食事🐈


入院中に与えられる食事は通常1日2回です。食事は一般的な病院で推奨されるキャットフードが使用されることが多いですが、病気によっては処方食を与えられることもあります✨

また病気に影響がないと判断されれば、食事を持参するとその食事を与えてくれます。しかし基本的に入院中は病院で与えられる食事を食べることをオススメしますよ🎶

🐈面会🐈


事前に連絡し、病院の指定する時間で会いに行くことが可能です。稀にですが面会できない病院もありますが、病院の都合上、内部を見られると困るという理由があるからでしょう💨

ただやはり飼い主さんとしてどんな環境に自分の愛猫が入院しているのかを知るのは大切なことなので、基本的には入院中も面会することができます💡

人間同様、ネコにとっても入院は不安なことがたくさんあります💨もし分からないことがあれば獣医さんに確認するのが一番ですよ。ネコが安心して預けられるように日頃からキャリーなどの準備もしておくといいかもしれませんね💥

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)