猫が発情期に発する大きな鳴き声!!オスとメスで違いはあるのか??鳴き方や行動の違いを徹底的に解説!!

最近自分の飼っている猫の鳴き声がうるさい……と感じることはありませんか??

それはもしかしたら発情期を迎えている可能性があります💡

猫は発情期の場合、普段の鳴き方と異なった鳴き方をするんです!!

発情期は基本的には春先と夏に多く見られますが、

室内で飼育されている猫の場合は他の季節でも発情期を迎えることもあります⭐️

発情期の鳴き方

猫が発情期に発する鳴き声は、雄・雌ともに普段より音量が大きくなります💡

夜中にその鳴き声で起こされたという飼い主さんも多いのではないでしょうか??

避妊・去勢手術をしていない猫にしか起こらないので鳴き声対策は難しいですが、

子猫を生む予定のない猫であれば、避妊・去勢手術を行うことによって防ぐこともできます。

雄猫の鳴き方

雄猫は発情期になると攻撃的になったり、

落ち着きがなくなってマーキングを頻繁に行うなどの様々な行動が表れます💨

そのひとつとして発情期には独特な鳴き声で鳴くというものがあり

これは発情した雌猫の鳴き声に反応していると考えられています💡

鳴き声の特徴として人間の赤ちゃんが泣いているような声で鳴き、

遠くまで響くように大きく聞こえるのが特徴です✨

雌猫の鳴き方

雌猫も発情期を迎えた際には、普段とは違う鳴き方に変化します⭐️

雄猫と同じく人間の赤ん坊のような鳴き声をあげますが、

雄猫よりも若干低い鳴き声になるという特徴があります💡

猫が鳴くときは何らかの意思表示をしていることが多いですが、

発情期を迎えた際にも同様に頻繁に鳴くようになるんです💡

しかし病気の時や体調が悪い時にも猫は鳴いて飼い主さんに訴えかけるので、

普段から猫とのコミュニケーションを取るように心がけましょう♪

ではでは楽しい猫ライフを(=^ェ^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)