猫に絶対にかからせてはいけない2つの恐ろしい病気とは??愛猫を守るために何をすべきかを徹底解説。

様々な猫カゼや熱中症など人間と同じようにネコも病気にかかり体調を崩してしまいますが、

中には普段の生活からではとても気づくことのできない恐ろしい病気もあります💦😱

その中でも代表的なものが「フィラリア症」と「猫白血病ウィルス感染症」です。

🐈フィラリア症と猫白血病ウィルス感染症🐈

◆フィラリア症

フィラリア症は蚊を媒介として蚊に刺されることで感染します。

これに感染すると、血管にフィラリアと呼ばれる小さな虫がネコの血管内に入ります。

やがてネコの成長とともにフィラリアの幼虫も大きくなりネコの血管を圧迫、

その結果血管が詰まってしまい、突然死してしまうことにつながってしまいます💦

世間一般的には犬の病気と思われがちですが、ネコにも感染します。

特にネコは他の動物と比べて血管が細いため、

発症してから死に至るまでの期間が短く

飼い主さんでも気づくのが難しい病気です…( ノД`)

感染率そのものはそれほど高くはないのですが原因の究明や診断も難しく、

どこで感染するかわからないのが怖いところです。

感染させないためにも、蚊が多い場所には行かせないようにするなどといった、

夏の「蚊」対策を万全に、予防しましょう💡

◆猫白血病ウイルス感染症

この病気についても症状が表面に現れず特徴的なものがありません。

このウイルスは感染しているネコの唾液の中に多く含まれています。

他のネコとケンカをした時に噛まれ時やグルーミングをした時、

また食事をともにするというような行動からも感染してしまいます💦

そういった経路以外にも母猫から胎児へも感染してしまうため、

生まれながらに感染してしまう病気でもあります。

このウイルスに感染するとネコの免疫が低下してしまうため、

細菌やカビが繁殖し、歯肉炎、口内炎、肺炎など様々な病気を発症してしまいます。

また猫白血病やリンパ腫などの腫瘍になったりもするため、

このウイルスによって重大な病気が発症してしまった場合は、

残念ながら死亡することがほとんどです…( ノД`)

予防策としてネコと出会ったら血液検査をすることをおすすめします💡
(どこかで拾った場合だけでなく、ペットショップで購入した場合なども)

検査の結果、陰性であればワクチンの接種を獣医さんと相談した上で行い、

もし不幸にも陽性が出てしまった場合はストレスをなるべく与えず、

他の病気にならないように注意、また他のネコに移さないように気を付けましょう☆彡

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)