【飼い主必見】愛猫がチョコレートを食べてしまった・・・対処編

チョコレートは、たまねぎなどと同じようにネコに大きな害を与える食品の一つです💦

自分の飼っているネコがチョコレートを食べた場合の対処法をしっかり身につけ、

万が一のときに備えましょう💧

🐈チョコレートの影響🐈


チョコレートにはカフェインと似た「テオブロミン」という成分が含まれています💦

テオブロミンはカカオに含まれる苦味成分で、人が摂ることにより覚醒効果を得ることができますが、

ネコにとって有害な物質であり、摂取すると中枢神経にダメージを受けてしまいます💨

ミルクチョコレートやホワイトチョコレートなどは比較的テオブロミンの量も少量ですが、

ビターチョコレートには大量に含まれているので、ネコにとってはとても危険な食品です💦

🐈症状・致死量🐈


ネコがテオブロミンを摂取してしまうと、4時間以内に中毒症状が起きます💧

主な症状は「嘔吐」「下痢」「頻脈」「不整脈」などといったことで、

症状は時に数日間続き、摂取したテオブロミンの量によっては最悪死に至ります💦

テオブロミンを摂取した際の致死量は、体重1Kgあたり250~500mg程度とされており、

体重3Kgのネコちゃんが750mgのテオブロミンを摂取すると、死亡してしまうという計算になります💦

一般的な板チョコレートの重さは50g程度で、

ミルクチョコレートなら板チョコを丸一枚食べても死亡する危険性は低いのですが、

同量のビターチョコレートなどを食べてしまった場合、致死量になってしまいます💧

🐈対処法🐈


まずはチョコレートを吐き出させるようにしましょう💡

人と同じように、指あるいは細い棒を口に入れて舌の奥を刺激してあげると、

吐き出させることができます‼

チョコレートを吐き出させたら、速やかに動物病院に連れていき、受診してください。

その際に、どんなチョコレートをどれくらい食べたのかを伝えられるようにしておきましょう💨

チョコレートは少量では致死量に至らなくとも、

ネコにとって危険な食べ物であることには変わりありません。

たとえ少量であってもネコの口にいれないように気をつけましょう💡

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)