これでもう迷わない!タイプ別キャットフードの保存方法の違いがよくわかる記事

ネコを飼育している飼い主さんは、どのようにしてキャットフードを保存していますか??ネコに与える食べ物はネコの健康状態に直結しますから気を付けたいですよね✨特にキャットフードの場合は脂肪分が多いので、適切な保存をしないと毒にもなりかねません💦

キャットフードが劣化していく主な原因は酸化です。キャットフードに含まれる脂肪分が長時間空気にさらされることで酸化が起こってしまいます💡

酸化したフードを食べると下痢や嘔吐をすることがあるので、ネコの健康に非常に良くない影響を与えてしまいます( ノД`)

暗くて涼しい場所に保存していても、キャットフードの開封口をきちんと閉めていない場合は酸化が進んでしまいます。すぐに消費できる小袋単位のものであれば大丈夫ですが、大袋のキャットフードの場合は保管に注意が必要ですね(((uдu*)

🐈ウェットフードの保存🐈

ウェットフードは、水分含有率が75%ほどなので基本的には1日で使い切りましょう✨1日程度であれば冷蔵庫で保存することもできますが、カビや雑菌も移るので容器に移し替えるのがベターです🎶

🐈ドライフードの保存🐈

キャットフードの劣化は開封後から始まるので、ドライフードであればタッパーなどに小分けにするかフードストッカーでの保存が好ましいです

①タッパー
タッパーの場合は、キャットフードを移し替えたら乾燥材を入れて「温度変化が少ない」「湿度が低い」「直射日光が当たらない」場所で保管しましょう💡

②フードストッカー
小分けにするのが面倒な場合は、フードストッカーがおすすめです。脱酸素剤を底に入れて出来る限り空気を抜いておけば常温でも1ヶ月程度の保存は利きますよ

キャットフードの鮮度を保つことは、飼いネコの健康の維持にもつながります!!
酸化は“体のサビ”と言われるとおり、フードの酸化は大切な愛猫の老化を早めることにもなります💦
が少しでも健康で長生きするために、保存方法や保存場所には気を付けましょう(((uдu*)

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)