【飼い主必見】カリウムがなぜ必要かということをサルでもわかるようにまとめた

ネコにとって必要な栄養素であるカリウム。

多すぎても少なすぎても、病気を発症する可能性のある大事な栄養素であるため注意が必要です💨

ネコのかかる高カリウム血症と低カリウム血症と2つの病気について知っておくようにしましょう💡

🐈高カリウム血症🐈


血中カリウム濃度が異常に上昇したことにより発症するのが、「高カリウム血症」です。

何らかの理由により血中に含まれるカリウムの濃度があがったことで、体に様々な影響が現れる病気です💨

軽度から中程度の場合はほぼ無症状に見えますが、

悪化すると不整脈や意識がなくなってしまいます💡

発症していることに気が付きづらく、非常に難しい病気です💧

🐈低カリウム血症🐈


血中のカリウム濃度が異常に低下したことによって発症するのが「低カリウム血症」です💧

高カリウム血症とは全く逆のもので、血中のカリウム濃度が下がったことで発症する病気で、

こちらも症状が進行していることに気が付きにくいです💡

主に中高齢のネコが発症しやすい傾向にあり、症状としては食欲低下、

体重減少、貧血などといったことが起こります💨

🐈治療法と予防方法🐈


①高カリウム血症
インスリンなどを投与することによって、血管から細胞へカリウムが移動する

働きを促進させる方法が主です💨他の薬とも組み合わせれば高い効果が期待でき、

腎不全などの他の病気を発症している場合は、それらの治療も同時に行います💡

②低カリウム血症
軽度の場合は、食事療法によって不足しているカリウムを野菜や果物、

経口カリウム製剤などを摂取して治療します💨

症状が重度の場合、緊急治療として点滴をすることもありますが、

急激にカリウムが上昇すると危険なので、基本的にはゆっくりと治療が行われます💡

これらの病気は高齢のネコになるほど、

原因となる病気である腎不全などにかかりやすくなってしまいます。

普段からネコの様子に気を配り、異常があったら早く気が付けるよう心がけましょう💥

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)