短毛種と長毛種、ブラッシングのやり方にも違いがある件について

ネコはペットの中でも抜け毛が多い動物で、ネコ自身で被毛の手入れをよく行います💡そのため飼い主さんが普段から抜け毛の処理を行わないと、グルーミングの際に大量の抜け毛を一緒に飲み込んでしまいます✨

日頃からブラッシングをして、ネコの美しい毛並みを保つために「ブラッシング」について学びましょう🎶

🐈ブラシの種類と用途🐈


ブラシには様々な種類があり、多岐にわたる用途にて使用されています💥

①獣毛ブラシ・・・全てに対応、抜け毛処理
②コーム・・・全てに対応、毛玉を取る、毛並みを整える
③ラバーブラシ・・・短毛種、抜け毛処理
④ピンブラシ・・・長毛種、毛並みを整える
⑤スリッカーブラシ・・・長毛種 毛玉を取る

手ぐしでもある程度抜け毛処理はできますが、ブラシの方が効果的です🎶ブラシは1本あたり1500~3000円で購入でき、材質は「金属」や「シリコン」「プラスチック」など様々なブラシがありますよ💡

🐈短毛種に適したブラシ🐈


短毛種のネコには「ソフトタイプの獣毛ブラシ」「コーム」「ラバーブラシ」の合計3種類のブラシを用意しておくと良いです✨

まず、柔らかいソフトタイプの獣毛ブラシで抜け毛を取り除きましょう。表面に浮いたまま落ちてこない抜け毛がまだ残るので、それらは「ラバーブラシ」で全体的にすいてあげましょう🎶

またラバーブラシにはマッサージ効果もあるので、ネコもいい感じにリラックスしてくれます。抜け毛が処理後は「コーム」で整えてあげれば、美しい毛並みを保てますよ💡

🐈長毛種に適したブラシ🐈


長毛種のネコには「ハードタイプの獣毛ブラシ」「コーム」「スリッカーブラシ」の3種類を用意しましょう💥短毛種のネコに比べて抜け毛が多いので、処理は少し手間です🎶

毛先が柔らかいブラシでは、被毛の表面を撫でることしかできないので長毛種のネコちゃんの場合は、「ハードタイプ」の獣毛ブラシを選んでくださいね✨

コームは長い被毛に引っかかった抜け毛を処理してあげるのに適したブラシです。個人的にはなるべく先端が丸まっているコームがいいと思います💡

スリッカーブラシを使うと毛玉を簡単にほぐすことができ、より効率的に抜け毛を処理することができます✨

長毛種や短毛種を問わず、ブラッシングで大切なのは、とにかくネコに痛い思いや不快感を与えないことです💨強く嫌がられるとそれ以降ブラッシング自体がトラウマになってしまう可能性があるため、無理をさせずにブラッシングをするようにしましょう💥

ではでは楽しいネコライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)