猫の噛み癖やいたずらに困ったとき…どのようにしつけを行うべきか??猫の効果的なしつけ方を徹底的に解説!!

飼っている猫が急に噛んだり、壁や家具にいたずらをしたり……

子猫はもちろんですが、成猫になっても猫はやんちゃなままですよね💦

そのわがままさも猫の魅力ですが、やはりしつけも欠かせません💡

ではどのように猫をしつけるのが効果的なのでしょうか?

狩猟本能

猫は人間に飼われていても、狩猟本能が残っています💨

獲物を見つけたら襲い掛かかるのは猫にとっては当たり前ですが、

手や指に噛みつかれたり、壁や家具を壊されると堪らないですよね💦

そのため噛み癖がある、いたずらする、興奮しやすいなどといった、

やんちゃな猫はしつけで改善する必要があります💡

興奮しやすい猫のしつけ

遊んでいたらいつのまにかヒートアップして暴れたり、

攻撃的になってしまう興奮しやすい猫は無視をするのが一番効果的です✨

猫が興奮して暴れ始めたら手を打ち鳴らして驚かせ、動きを止めましょう💨

動きが止まって猫がおとなしくなったら、

「えらいね!」と大げさなくらいに褒めてください💡

大切なのは猫に褒められていることをと自覚させ、覚えさせることです。

「おとなしくしていると褒められる」と学習させましょう✨

猫が遊びを再開して、また興奮するようなことがあれば同じように対処します。

手を打ち鳴らして猫の動きを止める。落ち着いたら褒める。

この方法を繰り返し行い、しつけをしましょう✨

噛み癖のある猫

噛み癖のある猫は、ハッキリと叱るのがポイントです💨

噛みついたら、猫の目をまっすぐ見て「こら!」「ダメ!」などといった

短い言葉で叱って、その場から離れましょう💡

「噛まれた! 痛い!」と飼い主が騒いでしまうと飼い主が喜んでいる、

遊んでいると勘違いをする可能性があるので禁物です💦

また噛み癖のしつけは子猫のころから行うことが大切です💨

子猫は噛む力が弱いですが成猫になっても

噛み癖が直らないとトラブルにつながってしまいます。

ただ、なでたり遊んだりしているときに急に噛まれる場合は、

もう触らないで」という意思表示の時もあります💡

猫は独立心の高い生きものでもあるので、かまい過ぎには注意しましょう💦

壁や家具へのイタズラ

家具や壁にいたずらをしてしまう猫には、いたずらされる場所に

猫が嫌がるニオイを付けて、近寄らせないのがポイントです💡

嫌なニオイを付けておくことで「ここでは遊びたくない」と思わせましょう。

猫は柑橘系やハッカ、香辛料のにおいなどが苦手とされています💨

また市販のしつけ用スプレーを使うと安全で手軽にしつけることが可能です✨

直接ニオイを付けられない場合は、ティッシュペーパーや布などに

ニオイを付けて、猫にいたずらされたくない場所に置くのようにしましょう💡

ではでは楽しい猫ライフを(=^・^=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)